Products自社製品のご案内

CO2Detector ガイドライン検証

昨今、新型コロナウィルス感染症流行によって需要が高まっているCO2測定器ですが、
多様な製品の中から、どの製品を購入すればよいかわからない方も多いのではないでしょうか。

CO2測定器は、経済産業省から最低限要求される仕様の基準を定めたガイドラインが策定されています。
中にはガイドラインを満たしていない測定器も販売されているため、選定時には十分に気を付けなければなりません。

今回は当社の新型CO2測定器(CO2Detector)がガイドラインの基準を満たしているか、
安心して使用できる製品なのかについて検証を行いました。

CO2Detectorが経済産業省のガイドラインを満たしているか検証

ガイドラインには以下のような基準が定められています。

2.仕様確認

測定器の測定精度の観点から、以下の要件を満たした機器であることが推奨される。

  • 検知原理が光学式を用いたものであること
  • 補正用の機能が測定器に付帯していること

光学式:NDIR(Non Dispersive InfraRed:非分散型赤外線吸収)や光音響方式(Photoacoustic)等、二酸化炭素分子が吸収する特定の波長光を利用した検知の方式を指す。

補正用の機能: 測定値のズレを自動的または手動により修正する機能を指す。メーカーによっては補正を校正と呼ぶ場合もある。

3.動作確認

測定器の正常な動作や大まかな測定精度を確認するための方法として、以下を活用されたい。

  • 屋外の二酸化炭素濃度を測定したとき、測定値が外気の二酸化炭素濃度(415ppm~450ppm 程度)に近いこと
  • 測定器に呼気を吹きかけ、測定値が大きく増加すること
    ※呼気の二酸化炭素濃度は非常に高く、正常な測定器であれば二酸化炭素濃度の高い測定値が表示される
  • 消毒用アルコールを塗布した手や布等を測定器に近づけても、二酸化炭素濃度の測定値が大きく変化しないこと
    ※光学式が用いられていれば、アルコールにはほとんど反応しない。
参考:二酸化炭素測定器の選定等に関するガイドライン

それではこのガイドラインの仕様確認、動作確認の項目を満たしているか1つずつ検証してみたいと思います。

まずは仕様確認の「検知原理が光学式を用いたものであること」についてです。CO2DetectorではSenseair社製のCO2センサを使用しており、NDIR方式が使われていることが分かります。

参考:CO2センサモジュールSenseair K30

続いて、仕様確認の「補正用の機能が測定器に付帯していること」についてです。

補正用の機能とは測定器を使用し続けたり、衝撃を受けることでずれてしまった測定値を正しい値に調整する機能のことです。
CO2Detectorでは補正時に測定したCO2濃度を400ppmと認識させるという方法をとっています。
窓を開放して十分に換気した室内や屋外にて測定器を動作させ、CO2濃度が350ppm以下、または500ppm以上である場合は補正することをおすすめします。

それでは、補正機能を検証してみましょう。 このとき測定器に呼気が当たらないように注意してください。
裏面の穴に細い針状のものを挿入し、表示された画面で「Calibration start」を選択することで補正を行うことができます。

「Calibration start」を選択すると以下の画面が表示され、カウントが0になった時点のCO2濃度を400ppmと認識させます。
補正を中断したい場合は「Exit」を選択してください。

※この機能は簡易的に補正を行う機能であり、当社では1年に1回正規の補正(400ppm基準ガスを使用した補正)を推奨しておりますので必要な場合は当社にご連絡ください。

続いて、動作確認の「屋外の二酸化炭素濃度を測定したとき、測定値が外気の二酸化炭素濃度(415ppm~450ppm 程度)に近いこと」について検証してみましょう。

CO2Detectorを外に置いて測定してみたところ、CO2濃度がすぐに下がり、428ppmという結果になりました。
ガイドラインに書いてある415ppm~450ppmに収まっているので、CO2濃度を正しく測定できていますね。

続いて、動作確認の「測定器に呼気を吹きかけ、測定値が大きく増加すること」について検証してみましょう。 CO2Detectorに呼気を吹きかけたところ647ppmから2219ppmまで上昇したので、CO2濃度を正しく測定できていることが分かります。

最後に動作確認の「消毒用アルコールを塗布した手や布等を測定器に近づけても、二酸化炭素濃度の測定値が大きく変化しないこと」について検証してみましょう。

消毒用アルコールを手に吹きかけてCO2Detectorに近づけてみたところ、CO2濃度は上昇しませんでした。
アルコールに反応していないことが分かります。

ここまでの検証で仕様確認、動作確認のすべての項目を満たしていることが分かりました。

インターネット上にはCO2濃度を正しく図っていない粗悪品が出回っており、当社の新型CO2測定器であるCO2Detectorが安心して利用できるのか不安になっていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回の記事でCO2Detectorが安心してご利用いただける製品であることが伝われば幸いです。

お気軽にお問い合わせください

029-227-3061

310-0803
茨城県水戸市城南1-5-11